2008年09月14日

「もうかる」と教唆された=三笠フーズ社長が釈明

9月15日Yahoo!ニュースより引用します。
9月14日16時46分配信 時事通信

========ここから開始

農薬に汚染された事故米を食用と偽り転売していた米粉加工会社「三笠フーズ」(大阪市北区)の冬木三男社長(73)は14日、汚染米転売の経緯を説明した文書を発表した。冬木社長は文書の中で、同社の宮崎一雄顧問(76)から「上手にやればもうかると教唆された」と釈明している。
 冬木社長は文書の冒頭で「大変なご迷惑をお掛けし、深く反省しております」と謝罪。「このような大事件を引き起こしたことは万死に値する。司直の手にわが身をゆだね、厳しい裁きを受ける覚悟であります」と心境をつづっている。

======ここまで終了


昨年から数えきれないぐらいに起こっている食品偽装事件の中でも、最も衝撃的かつ、悪質な事件でした。

事故米を扱っていた大手3社すべてが、禁止されている食用に転売をし続けていたことは、日本社会の病的体質を物語っているものではないでしょうか。

ありていに言えば、日本人自体に倫理感がない!といえましょう。
それを他国の倫理を批判したり、バカにしたりして、国産信仰などを持っている日本人の軽薄さ、偏狭な国粋主義を感じます。

長年やって、大儲け(少なくとも偽装によって大儲けしているはず)してきた人間が、いまさら”万死に値する”などとは噴飯もの。
昨年捕まった比内鶏の社長と大きくかぶります。

まじめな業者は廃業・倒産し、新たな参入も許されなかったことでしょう。
改めて、偽装がヤリドクで、それをやらなくては生きていけない業界が多々あるということをここで確認したい。

posted by news at 18:08| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。