2008年08月26日

星野監督「たたくのは時間止まってる人」

8月26日、nikkansports.comより、引用します。

 北京五輪日本代表の星野仙一監督(61)が24日、帰国した。成田市内のホテルで田淵、山本、大野コーチ、主将の宮本、上原らと会見。あらためて「皆さんの期待にこたえられずに申し訳なく思う。ただ日本は決して弱くない。ベストな状態に持っていけなかった私に責任がある。ここにいる仲間、選手に『申し訳ない』と言わせてしまった私は本当に情けない」と悔しさをにじませた。

 また帰国前には北京市内の宿舎で総括。「強いものが勝つんじゃなくて、勝ったものが強いんだと感じた大会だった。この9試合が1シーズンに感じた」と振り返った。国民の大きな期待を裏切り、批判にも「ファンに期待をもたせた。でもそれを裏切ったわけだし、それを受けるのはオレ1人だ。こんな幸せなことはない」とも言った。首脳陣や選手を批判する声には、「日本はすぐにたたきにかかる。そんなことをしたら若い人が夢を語れなくなる。たたくのは時間が止まってる人間だろう」とも言い放った。

 代表監督就任から1年8カ月。「針のむしろだ。失敗して、失敗して、チャレンジするのが、オレの人生だから」。屈辱を胸に秘め、今はどんな批判も一身に受ける覚悟だ。【寺尾博和】

〜〜〜〜〜〜〜〜ここまで、


かつて、謝罪会見でこれだけ大きな態度を示した人物がいたであろうか。
口では「自分の責任」「反省している」と言っておきながら、
全く反省しているように見えないのは僕だけだろうか。

昨日のニュース0でのインタビューでも、
インタビュアーと星野を比べると、インタビュアーのほうが
神妙で、星野はふんぞり返っている。

あげくの果てには来年行われるWBC監督への就任を
「今は何とも言えない」などと色気を見せている。

重大な責任を負っているにも関わらずこの無反省ぶりには、
僕が過去に星野ファンであったことを恥じるしかない。

永久に表舞台から消えてもらいたい。





札幌札幌 観光札幌 ホテル札幌駅札幌グランドホテル札幌 ビジネスホテル札幌プリンスホテル札幌 全日空ホテル京王プラザホテル 札幌東急 札幌

小樽小樽 観光小樽 ホテル小樽運河ヒルトン 小樽小樽 温泉マイカル 小樽小樽駅小樽 宿泊小樽 天狗山小樽 グランドホテル小樽 ビジネスホテルホテルノルド 小樽小樽 港
posted by news at 14:59| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。