2008年08月11日

米国歌の演奏、突然消える=北京五輪競泳の表彰式〔五輪・競泳〕

8月11日msnスポーツより引用します。

〜〜〜〜〜ここより

 10日、北京五輪競泳の表彰式で、米国の国歌の演奏が中途半端に終わるハプニングがあった。

 男子400メートル個人メドレーを世界新で制したマイケル・フェルプスらを表彰するセレモニー。ほぼ満員の客が立って敬意を表し、フェルプスが表彰台で目を潤ませて国旗掲揚を見詰めていた際、流れていた国歌が最後のところで突然聞こえなくなった。

 盛んな拍手とフェルプスの笑顔で大きな混乱はなかったが、祝福ムードに水を差したことは否めない。式典の関係者は「設備に問題はなく、人的ミスもなかった。原因を調べている」と説明した。 (北京時事)

〜〜〜〜〜〜〜〜ここまで


中国らしい出来事です。
「設備に問題はなく、人的ミスもなかった。」の後に付け加えるべき言葉は、”意図的にやったから”ではないでしょうか。

仮に意図的でないなら、”間違い”なはず。
それなのに、自分たちに非がないと言い張るのは、中国の後進性を物語るもので、”オリンピック開催の資格なし”では。

アメリカ国家に対するねたみと嫉妬、敵意の表れ。
さらにマイケルフェルプスというスーパースターに対する、この上ない侮辱を平気でやる国。

オリンピック史上最低です。



posted by news at 15:40| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。