2008年08月09日

谷は「銅」、3連覇ならず=準決勝で苦杯

8月9日Yahoo!スポーツより引用します。

〜〜〜〜〜〜〜ここから

柔道は9日、最も軽い男女2階級が行われ、女子48キロ級で谷亮子(トヨタ自動車)が準決勝でアリナ・ドゥミトル(ルーマニア)に敗れ、3連覇を逃した。
谷は3位決定戦でリュドミラ・ボグダノワ(ロシア)に一本勝ちして銅メダルを獲得。
今大会、全競技を通じ日本選手のメダリスト1号で、自身は5大会連続のメダル獲得となったが、五輪で決勝に進めなかったのは初めて。


〜〜〜〜〜〜〜ここで引用終了


残念でした!!!
一番ふさわしいのは、この言葉だと思います。
実力的にはすでに若手のほうが上であったなか、実績と人気で選ばれたのだから、
本人も余計期するところがあったことでしょう。
出場できなかった選手のためにも。


準決勝の試合はどうみても消極的すぎました。
相手選手より若干、組手自体をいやがっていたのが、わかりました。

奥エリをとられるのを徹底的にいやがりました。
あそこまで組まない姿勢と技をかけないことから、相手より一つ多く反則をとられてしまいました。


それでも、避難することはできません。
力が衰えてきたとはいえ、よく銅メダルまで行ったというのも事実。
若手有望株だった平岡選手が1回戦で敗退したことと比較すると特にそう思います。

お疲れ様でした!
良い解説者、良い指導者になってください!




赤塚不二夫ほしのあき鳥居みゆき若槻千夏山本モナ天才バカボンおそ松くんスザンヌ高河ゆん藤子不二雄オグシオ(楽天)オグシオ(アマゾン)上田桃子(楽天)上田桃子(アマゾン)浅尾美和
posted by news at 21:04| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。